電子書籍ファンのための出版社直営電子書籍モール

熱血弁護士の事件ファイル鵯 企業再生編 9784862511058(オンデマンド版)

1,500円(内税)

購入数
著者名:萬年浩雄(著)
出版社:三和書籍
ISBN:978-4-86251-105-8 / (オンデマンド版)
ジャンル:社会・政治・法律
配信形式:PDF

PDF制限:
印刷NG
検索OK
コピペOK

価格(オンデマンド版<紙の本>):¥1,948

負債約160億円の企業を任意整理によって再生させた実践の記録!
「嘘はつかない。約束は守る」を愚直に実践する姿から「弁護士の器」を超えた「人間の器」が見えてくる!
企業再生に携わる弁護士必携の書!
銀行員・金融機関関係者必読!
ロースクール生には生きたロイヤリング教材として最適!
若手ビジネスマンには「交渉力」のお手本としてお勧め!
見出し・奥付など
はしがき
Part1 熱血弁護士の事件ファイル ─企業再生編─
File1 受任の経緯
和議法の時代/任意整理や倒産処理は弁護士の“実力試験”/ パチンコ会社の企業再生/若社長の想いを受け受任を決意/ 第二会社構想/債権者の整理
File2 大口債権者との折衝 
再建の姿勢を債権者に示す/リース会社からの連判状/ 交渉における弁護士の役割/メイン銀行による担保権の実行/ メイン銀行に「貸し」がある/店舗維持のための方策
File3 第二会社構想 
第二会社へ営業譲渡/再建に不可欠な優良店舗をどう維持するか/ 秘策/第二会社への融資条件/金利変更についての交渉/再建への恩返し代
File4 不採算店の売却 
どの店舗を売却するか/売却店舗の選定/約束の反故/任意整理での当事者間の“約束”の重要性/ 残債務について訴訟になる/仁義なき“業界戦争”
File5 再建会社の経営 
会社再建の際の経営陣と弁護士の役割/売上金は返済原資として確実にプールする/ 被災した店舗の保険金をめぐる折衝/鑑識眼があれば人間の器量もみえてくる/ 再建のために従業員の士気を高める
File6 新店舗の購入
銀行からの新店舗購入の打診/一七億五〇〇〇万円もの新規融資を受けての店舗購入/ 手形貸付をめぐって紛糾/新店舗の購入による士気の高揚/叩き上げ社員の“効用”
File7 売上金の管理
売上金を管理しつつ使途をチェック/売上金管理のきっかけ/売上金管理のチェック体制/ 売上金管理の副次的効果/弁護士は誘惑の多い職業
File8 RCCとの攻防戦
RCCに感じること/RCCとの因縁/和解に持ち込む/企業再建と銀行員・弁護士
File9 あるノンバンクとの熾烈な闘い 
唯一の融資元と確認書を締結/確認書の解釈で対立/ 仮差押決定は取り消されたが……/抵当権の実行でライバル店が落札/新店舗で対抗
File10 サービサーとの攻防戦
店舗売却時の留意点/サービサーの位置付け/「動かない」サービサーの担当者/ 事態を動かす策/サービサーが動いた/不良債権がなくなる
File11 創業者の経営責任 
経営責任のとり方とその後/創業者の自己破産申立て/自分は犠牲者だと考える前専務/ 第一会社を清算/再建途上における新規融資の困難さ/バックの銀行があることの波及効果
File12 総括・企業再建を振り返って 
企業再建における各自の役割分担の意義/経営陣との二人三脚/ 各種専門家は経営には素人/自主再建による企業再建の意義/原点から考える企業再建の要諦
Part2 熱血座談会 ─企業再生を振り返って─ 
第二会社構想/社長と専務の経歴/都市銀行の役割/依頼者と弁護士の信頼関係/ 従業員の雇用を第一に考えた社長のルーツ/経営者の資質/これからの展望/ 第二会社構想と弁護士プロデューサー論/「信用第一」の意味/胆力と決断力/「嘘はつかない。約束は守る」ということ
Part3 熱血講演録 ─企業再生の現場から─
1 はじめに
2 企業再生の手法 
和議手続の問題性/民事再生法は救世主か
3 私の就任前の本件パチンコ店の現状 
和議申立に対する裁判所の取下勧告/従業員のために受任してください!
4 第二会社構想
5 最大優良店舗確保のための交渉
  ノンバンクの社長との攻防/金利変更に関する交渉
6 役割分担論 
弁護士に経営の能力はない/役割分担の実際/私と社長の対立/火災保険金に関する攻防戦
7 大口債権者への定期払い
リース会社との交渉/サービサーを利用する
8 都市銀行との交渉 
一〇%のバック/一〇%の会計処理/某都市銀行本店債権管理部長/ 社長が抵当権が設定された建物を破壊した/銀行員らしからぬ銀行員と弁護士らしからぬ弁護士/ 中小企業は銀行とどう付き合うべきか
9 売上金の管理
債権者への支払のしくみ/預かり金口座
10 不採算店と採算店の振り分け
月一〇〇万円の純利益でも不採算店/パチンコ店経営の要諦
11 不採算店の売却 
弁護士に債務の保証をさせようとする銀行の常務/貧すれば鈍するということ
12 採算店の第二会社への営業譲渡 
13 銀行からの不良債権買い取り要請
再建中の会社がパチンコ店を買う/社長に絵を贈る/人は顔で判断する
14 従業員の問題 
15 あるノンバンクとの闘い
16 サービサーとの交渉
   17 総括  
経営者の器/少なくなった目利きの銀行員/ファンドの問題性/企業再生は自立再生型で

おすすめ商品