TOP > 万来舎 > 中国人のための医療通訳ハンドブック

万来舎

中国人のための医療通訳ハンドブック
試し読みする

中国人のための医療通訳ハンドブック

著者名:照川眞木・楊 筱蓉・上野昭代(監修:日中医療交流協会)
出版社:万来舎
/ (オンデマンド版)
ジャンル:医学・薬学
配信形式:PDF

PDF制限:
印刷NG

検索OK

コピペNG

価格:¥2,117

価格(オンデマンド版<紙の本>):¥3,024

このエントリーをはてなブックマークに追加

説明
 医療通訳士に求められる知識やふるまい方など、医療の現場ですぐに役立つ実践的な知恵・情報を収録したガイドブック。各診療科で交わされる会話、痛みを表す微妙なニュアンスの表現、診療科ごとの問診票の例など、日本語と中国語で詳しく紹介しています。本書を読めば、日本と中国の医療システムの相違が理解でき、医療通訳をする際の心構え、マナー、トラブルへの対処法も身につきます。
 医療通訳士を目指す方はもちろんのこと、すでに通訳士として活躍している方も必携の一冊です。
 また、本書は、一般の中国人の方にも分かりやすく読めるようになっておりますので、急なトラブルや事故、または体の不調により日本の医療機関を訪れる際にもすぐに役立つ情報が満載です。ぜひ一冊お手元に。


本書は「電子書籍版」と「オンデマンド版<紙の本>」の2種類あります。お好きな方をお選びください。

電子書籍版
2117円(税込)

オンデマンド版(紙の本)
3024円(税込)
送料無料(日本国内のみ)。1週間程度でお届けできます。
※中国国内なら全土へ発送可能です。その場合の送料は、一律別途1000円(税込)を申し受けます。お届けまで2週間程度かかりますがご了承ください。

見出し・奥付など
目次

はじめに  「雪中送炭」のこころで

第1章 日本の医療システム
日本と中国における医療習慣・システムの違い
日本における医療施設の分類
医療施設における一般的な診察の流れ
 1 病院における外来診療プロセス
 2 救急診療プロセス(休日・夜間救急)
 3 医療施設にかかる際のポイント
日本の医薬分業システムと処方
入院・治療・検査の流れと心得
 1 一般的な入院・検査を受ける際のポイント
 2 患者の権利とインフォームド・コンセント
日帰り手術・人間ドックの流れ
 1 日帰り手術および検査
 2 人間ドック
外国人が利用できる医療制度について
 1 日本の医療保険の仕組み
 2 医療・保険制度の理解
 3 メディカル・ソーシャル・ワーカーとの連携

第2章 医療通訳という仕事とその心構え
一般通訳と医療通訳の差異
 1「 通訳」の種類と基本
 2 医療通訳の目的と高まる重要性
 3 例にみる医療通訳の形
 4 実践例のシミュレーション
医療通訳において持つべき倫理
 1 健康への留意と患者への態度
 2 守秘義務
医療通訳士が持つべき知識と注意
医療通訳現場の理解と振る舞い
 1 病院や企業と連帯そしてコミュニケーション
 2 医療通訳現場における振る舞い
手術の場合の適正通訳(IC・同意書)実践例
人間ドッグの場合の適正通訳・実践例
医療通訳士Q&A

第3章 医療通訳士として身につけておきたいマナー
日本における職業意識
マナー基本五原則
 1 五原則―身だしなみ
 2 五原則―挨拶
 3 五原則―表情・お辞儀
 4 五原則―立ち居振る舞い
 5 五原則―言葉遣い
医療通訳士としての心得
 1 通訳相手との信頼関係確立
 2 会話の整理方法
医療通訳にあたる前に
 1 事前準備、連絡の徹底と必需品の活用
 2 報告・連絡・相談の常識

資料集
日本独特の痛み表現と翻訳の難しい表現
人体各部位の名称一覧
問診表
造影CT 検査 説明書・同意書

Page top