TOP > 三和書籍 > これからの環境エネルギー

三和書籍

これからの環境エネルギー
試し読みする

これからの環境エネルギー

著者名:鮎川ゆりか
出版社:三和書籍
ISBN:9784862511812 / (オンデマンド版)
ジャンル:社会・政治・法律
配信形式:PDF

PDF制限:
印刷NG

検索OK

コピペOK

価格:¥2,000

価格(オンデマンド版<紙の本>):¥2,704

このエントリーをはてなブックマークに追加

説明

本書は、「エネルギーとは何か」という基本的なところから書き起こし、エネルギー利用の歴史、今主流として使われている大量の化石燃料がどのように環境へ悪影響をもたらしているかなど、環境との共存が求められる現在の「エネルギー利用」の意味を解き明かしていく。
前半では、福島原発事故から4年後の検証として、当時とその後のエネルギー問題を取り上げる。また、エネルギーと環境、特に地球温暖化問題を見据えながら、化石燃料と原子力をどう考えるかを解き明かす。
後半は、これからのエネルギーとしての、あらゆる側面からの徹底した省エネルギーの世界、再生可能な自然エネルギー、そしてこれらをどう使い回していけば、環境と共存できる社会が成り立ちうるか、と展開していく。
最後に、目指す方向として、地球温暖化対策にも直結する小規模分散型社会の提案を行う。その姿を具体的に模索・実現しつつある岩手県紫波町を例に、地域で完結する小規模分散型自立社会が、実現可能であることを示す。

見出し・奥付など

第一章:3・11から見えてきた日本のエネルギー問題
第二章 エネルギーの基礎知識
第三章 化石燃料と電気
第四章 原子力発電
第五章 フクシマ原発事故はなぜ起きたか
第六章 原発を支えてきたのは、我々の払う電気料金
第七章 「節電の夏」賢く―省エネルギー革命
第八章 「省エネ」「創エネ」のカギは熱利用
第九章 再生可能な自然エネルギー
第一〇章 必要なのは電力改革とスマートグリッドによる需給管理
第一一章 進む地域の自然エネルギー
第一二章 岩手県紫波町にみる環境エネルギー社会の未来
第一三章 結論─これからの環境エネルギー社会
附録:大学で「自然エネルギー一〇〇%」を!

Page top