Amebaマンガで100冊40%OFFクーポン配布中! 今すぐもらう

ブルーロック凪は玲王の宝物?依存関係や決別に執着を解説

漫画「ブルーロック」においてお互い重たい矢印が向いており、友人と一言で表すには複雑な関係である凪と玲王。

玲王は原作漫画で何度も凪を宝物だと発言しており、強く執着しています。

一方で凪も玲王に対しては普段とちがう感情的な行動を見せ、非常に信頼しているのがうかがえます。

イケメン同士のアツい感情のやり取りを見て、興奮してしまった読者も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、漫画「ブルーロック」凪と玲王について徹底解説!

凪と玲王の依存関係や決別から、執着にいたるまで解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

原作漫画をまだ見ていない方は、ぜひ下記からお得に読んでみてください!

全巻読むならAmebaマンガ

100冊40%OFFクーポン配布中
目次

ブルーロックの凪玲(なぎれお)とは?

漫画「ブルーロック」における凪玲(なぎれお)とは、凪誠士郎と御影玲王の組み合わせを指す言葉です。

2人は半年前からの交流でありながら、強い信頼関係を構築しています。

ブルーロックの出来事で関係に変化が起きても、2人で世界一になるという約束を忘れていない点から、お互いを強く思っているのがうかがえます。

特に玲王は凪へ激重な矢印を向けており、2人をカップリングとして見ているファンが急増中です!

ひとくちに友人とくくるには重い関係である凪と玲王の、共依存な関係を見ていきましょう。

ブルーロック凪は玲王の宝物?依存関係を解説

凪誠士郎は、御影玲王にとって唯一無二の宝物であり、2人は依存関係といえます。

玲王は凪を見出したのは自分であるという強い自負があり、大事に守ってきました。

凪と玲王の依存関係を、お互いがどのように認識しているか解説していきます。

介護される凪

異常なレベルでめんどくさがりの凪は、玲王にほぼ介護されています。

凪は玲王から非常に大事にされており、1次選考ではチームメイトが呆れるほど甘やかされていました。

漫画「ブルーロック」3巻22話では歩行を面倒がる凪のため、玲王がおんぶで運搬しています。

凪は当然のようにおんぶを要求しており、普段から玲王に甘えているのがうかがえます。

また漫画「ブルーロック」4巻23話ではトレーニングのサボりを許容してもらっており、やる気のない凪は玲王に守られてサッカーをしてきました。

私生活で玲王に依存しているのは凪といえます。

唯一無二の宝物と思っている玲王

凪を唯一無二の宝物であると思っている玲王は、精神的な依存度が高いです。

サッカーで世界一になる夢と、己が見出した天才である凪を、唯一無二の宝物であると認識しています。

世界一の夢と凪を同列にしている点から、玲王にとって相棒が非常に大きいものであるとわかります。

チームメイトや潔に対して恥ずかしげもなく、凪は俺の宝物であると発言していました。

愛が重い……

御影コーポレーションの御曹司として世話をされてきただろう玲王が、甲斐甲斐しく凪の面倒を見ている点からも重たい愛が伝わってきます。

望むモノすべてを与えられてきた玲王にとって、自身で手に入れた凪は、何物にも代えがたい存在です。

凪玲(なぎれお)の依存関係は、玲王の感情のほうが重いといえます。

2人の重たい関係性は読んでいてシビレるほど尊いので、気になる方はぜひ原作漫画でチェックしてください!

全巻読むならAmebaマンガ

100冊40%OFFクーポン配布中

共依存ともいえる関係性だった凪玲(なぎれお)は、2次選考で決別する展開になります。

次の項目では、凪と玲王が決別するに至る流れを解説していきます。

スポンサーリンク

ブルーロック凪と玲王が決別!理由と潔の影響を解説

凪玲(なぎれお)が決別した理由は、潔との試合による凪の変化でした。

潔と共闘すればより強くなれると感じた凪は、玲王と別れて先に進んでいきます。

玲王からすれば思ってもみないNTR展開であり、決別を受け入れるまでに長い時間を要しました。

潔を巻き込んだ三角関係になるまで、どのような流れがあったのかを見ていきましょう。

凪の敗北で変化

漫画「ブルーロック」5巻37話で潔に敗北し、悔しい感情を知った凪は、強くなるために変化していきます。

無気力に生きてきた凪はサッカーの面白さを知り、人生で初めて積極的に行動するようになります。

漫画「ブルーロック」6巻43話の2次選考では、潔と共闘するなかで悔しさに向き合いたいと思い、一緒にチームを組みました。

信頼関係のあった玲王とチームを組む選択をやめてまで、強くなりたいと望んだ凪。

玲王との決別は、2人で世界一になる約束のため、凪が自立した結果です。

潔に敗北した結果、自身の感情を優先するエゴイストへと変化した凪は、玲王と決別しました。

執着するクソデカ感情でメンヘラ化する玲王

凪が自立する一方、決別を受け入れられない玲王は、宝物を奪い返すことに執着しメンヘラ化しました。

選考が進むなかでも玲王は変わらず凪にクソデカ感情を向けており、宝物を奪った潔と敵対。

漫画「ブルーロック」8巻59話の対潔チーム試合では、幽鬼のような覇気をまとって立ちふさがりました。

意図せず三角関係に巻き込まれた潔が戸惑っています……

潔からすれば、試合相手がいきなり凪は俺の宝物と言い出したわけですから、無理もありません。

試合後に凪と会話し、ある程度気持ちの整理がついたように見えた玲王ですが、適正試験前の潔としたやり取りではまだどこか恨めしげです。

自立していく凪を引き止め、ずっと隣同士で世界一を目指すのが、玲王にとって理想だったと受け取れます。

しかしそんな玲王も最新話では凪への依存をやめ、自立していく展開が描かれています。

次の項目では、凪と玲王の関係が変化していく流れを追っていきましょう。

ブルーロック凪と玲王の関係変化がエモい

漫画「ブルーロック」凪と玲王の関係変化を時系列で表してみました。

STEP
主従関係

宝物として凪を欲した玲王は、ある意味では所有物として見ています。

所有物扱いに甘んじていた凪も、この関係を受け入れたのではないでしょうか。

STEP
依存関係

介護を受ける凪と、宝物として大事にしている玲王は、依存関係へ発展。

友達とくくるには重く、仲間というにはどこか湿度が高いです。

STEP
ライバル

決別後はライバルとして試合。

玲王の執着を一度整理する期間となったようです。

STEP
対等?

お互いが依存関係から抜け出し、自立に向かいます。

共依存ともいえる関係だった凪と玲王が、お互いに自立していく変化がエモいです!

2人で世界一になる約束を叶えるため、それぞれ強くなる道を歩んでいきます。

重たい執着を引きずっていた玲王でしたが、イングランドチームとしての試合では、もう凪に依存しないと宣言。

主従関係や共依存ではなく、対等な立場に変化しているのがうかがえます。

自立していく凪と玲王が、対等な立場になったうえでお互いを必要とするようになったらよりエモいです!

スポンサーリンク

凪誠士郎と御影玲王の切ないセリフまとめ

続いて凪誠士郎と御影玲王が、お互いを思いあった結果の切ないセリフをまとめました。

重い感情がよく伝わるセリフばかり集めましたので、凪玲(なぎれお)の関係性に萌えていってください!

俺と同じ気持ちを味わわせてやる

凪を蹴落として

俺と同じ気持ちを味わわせてやる

ってのもアリかもな

引用先:ブルーロック7巻58話©️金城宗幸、ノ村優介/講談社

凪との決別後、チーム潔と試合する流れになった玲王が、勝利したとき誰を選ぶかと問われた際のセリフです。

同じ気持ちを味わわせてやりたいと思うほど、決別時の悲しみや怒りが強かったのがうかがえます。

宝物として大事に守るほど強い繋がりだったからこそ、反転したとき負の感情がとてつもなく大きくなりました。

ヤンデレと紙一重でかなり怖いですが、愛情ゆえと思うと切ないです……

この試合でお前から奪い返す!

この試合でお前から奪い返す!

引用先:ブルーロック8巻59話©️金城宗幸、ノ村優介/講談社

潔と対戦した玲王が、敵対心むき出しで言ったセリフです。

試合前は凪を蹴落とすとも考えていた玲王ですが、NTR展開に持ち込んだ潔を前にして、怒りが抑えられなくなったのが伝わります。

暗い色をした目は負の感情に染まっており、凪への強烈な執着が表れています。

俺らの約束忘れてんのはお前の方じゃん

俺らの約束忘れてんのはお前の方じゃん

引用先:ブルーロック9巻68話©️金城宗幸、ノ村優介/講談社

試合後に玲王から決別を責め立てられたとき凪が言ったセリフです。

なあなあの仲間意識で共にいても成長は出来ず、世界一になる約束は実現できないと語る凪。

約束よりも宝物に執着している玲王より、凪は世界一になる夢を現実にする行動をとっていました。

決別の理由を理解しようとしない玲王にいらだち、凪は珍しく感情的な物言いをします。

平和主義の凪が突き放す言動をとるほど怒るのは、それほど玲王への感情が大きいからといえます。

お互いを思うほどわかり合えない……
切ない……

今はどうか許してくれ

ごめん玲王

お前と一緒にいない俺を

お前を置いて 変わってく俺を――

潔と一緒に戦う俺を

今はどうか許してくれ

引用先:ブルーロック9巻76話©️金城宗幸、ノ村優介/講談社

潔と共闘するなかで、玲王に責め立てられときを思い出した凪のセリフです。

先に行く自分への許しを請う凪は、玲王を突き放したことを悲しんでいると伝わります。

エゴイストとして行動しながらも、内心では相棒へ思いを馳せているのが切ないです!

表面的な行動では玲王の執着心が強いですが、凪も相棒を思っており、お互いに重い感情を抱いているのが表れています。

ブルーロック凪と玲王の熱い関係を読むならAmebaマンガで100冊40%OFF

Amebaマンガは無料会員登録するだけで、初回特典に100冊40%OFFクーポンが付いてくるビックキャンペーンを開催しています。

もらったクーポンは配信中のマンガ全部に使えるため、是非この機会で読みたかった作品を網羅しましょう!

新巻ばかりを集めて利用してもいいし、長編マンガにまとめて使っても安いです。

しかも1冊単価が10%程度安いから、クーポンと併用すれば書店や他の電子書籍サイトで購入するより遥かにお買い得!

全巻一気にまとめ買い購入したい人には、最適のサービスです!

いつでも解約できるサービスですが、都度課金なので初回に安く購入した後、放置しておいても一切お金はかかりません。

毎日お得な割引キャンペーンを開催しているAmebaマンガは、クーポンの合わせ技が利用できるため、かなりの破格になります!

開催中のキャンペーン

  • LINE友だち登録で毎週10%OFFクーポン
  • コイン増量キャンペーン
  • 無料マンガ4,000冊以上
  • 対象マンガ50〜70%OFF

とくに月額プランの初月はコインの最大50%分を即時獲得できるだけでなく、漫画を購入しなかった場合は翌月にコインが全額返還されるから実質タダ!

この機会にぜひ業界最安値のAmebaマンガを利用して、好きなマンガをたくさん楽しみましょう!

全巻読むならAmebaマンガ

100冊40%OFFクーポン配布中
スポンサーリンク

ブルーロック凪と玲王は宝物な依存関係まとめ

本記事では漫画「ブルーロック」凪と玲王の依存関係や、決別に執着まで解説してきました。

凪玲(なぎれお)とは漫画「ブルーロック」の凪誠士郎と御影玲王を指す言葉であり、アツい相棒関係に興奮する読者が続出しています。

相棒に執着する玲王と、介護を受けるめんどくさがりの凪は、依存関係でした。

特に玲王は凪を唯一無二の宝物と認識しており、おんぶしてあげるほど甘やかしてきました。

潔との試合で敗北したのを機に変化した凪は、玲王と別チームで戦うことを選び、2人は決別。

玲王は凪へのクソデカ感情でメンヘラ化し、潔へ敵対心をあらわにします。

しかし選考が進むごとに玲王も凪への依存から自立し、2人が対等な関係に変化していくところがエモいです!

最新話では凪玲(なぎれお)が共闘するアツい展開を迎えていますので、ぜひ原作漫画を読んで確かめてみてください。

全巻読むならAmebaマンガ

100冊40%OFFクーポン配布中

他の人はこちらの記事も読んでいます

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
上へ戻る
目次
閉じる