Amebaマンガで100冊40%OFFクーポン配布中! 今すぐもらう

スパイファミリー打ち切りはある?作者死亡説やTISTAの噂を調査

今やジャンプの看板作品である漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」ですが、ネットでは一時期打ち切りの噂が流れていました。

漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」について調べているとき、予測候補に打ち切りと表示されて驚いた読者も多いのではないでしょうか?

今後ますます人気になりそうなのに打ち切りになるわけないと思いつつ、ファンとしては気になってソワソワしてしまいます!

そこで本記事では、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」打ち切りの噂について調査。

作者死亡説や、遠藤達哉先生の初連載「TISTA」の噂についても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

原作漫画をまだ見ていない方は、ぜひ下記からお得に読んでみてください!

全巻読むならAmebaマンガ

100冊40%OFFクーポン配布中
目次

スパイファミリー打ち切りはある?

最初に結論をお伝えすると、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」が打ち切りになる可能性は低いです。

ジャンプ漫画の看板作品となった本作は非常に人気であり、この熱は今後も続いていくと思われます。

遅咲きの作者が初めて飛ばした大ヒット作品なので、集英社としては大事に伸ばしていきたいのではないでしょうか。

また2022年4月にアニメ化を果たしており、世間の認知度もますます高まっていくでしょう。

漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」は打ち切りになることなく、ストーリーが完結する形で終了すると思います。

完結予想については下記の記事でも考察していますので、あわせて楽しんで頂ければ幸いです。

少年ジャンプの打ち切り基準を調査

そもそも少年ジャンプでは、どのような基準で打ち切りを決定しているのでしょうか?

打ち切り基準について公式情報は出ていませんが、リサーチしたところ、不人気作品とデータで証明されることが大きく関係していそうです。

リサーチするにあたって参考にしたのは、集英社のリアルな裏事情を描いた漫画「バクマン。」です。

漫画「バクマン。」では、アンケート結果が少年ジャンプ誌での人気順を決めるのに影響を与えると描かれ、ランキングを争う白熱したストーリーが展開していました。

アンケートで低評価を受けた作品の掲載順が後方になるのは、少年ジャンプ読者の間で有名な話です。

もちろん漫画「バクマン。」はフィクションなので、盛り上げるために誇張している点もあるでしょう。

ジャンプ編集部副編集長の相田聡一さんは、アンケート至上主義というと少し違うと発言しています。

ただ毎週万単位で届くアンケートハガキは統計学的にも信頼の置けるもので、作品の人気を計る指標として扱われているのは間違いなさそうです。

しかし漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」はアニメ化するほど人気であり、メディア化前の時点で発行部数1250万部を記録するヒットぶり。

推測した基準を満たしていない点からも、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」が打ち切りになる可能性は低いといえるでしょう。

とはいえ過去には漫画「アクタージュ」が、原作担当の逮捕により打ち切りになったケースがあり、人気作品だから絶対に安心とはいえません。

不測の事態が起きる可能性は0ではありませんが、読者としては低い確率に恐怖するよりも、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」の順調な成功を祈りたいところです。

では漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」打ち切りの噂は、なぜ流れたのでしょうか?

次項では打ち切りの噂の根拠となった、作者死亡説について解説していきます。

スパイファミリー打ち切りの噂は作者死亡説?

ネットでスパイファミリー作者について検索すると、予測候補に死亡と表示されます。

検索したユーザーが多いためと推測されますが、もちろん死亡説はデマであり、遠藤達哉先生は生きています。

作者死亡説が流れた理由として、本記事では下記の2つを考えました。

作者死亡説が流れた理由
  • 作品の空白期間が長かったから?
  • キャラクターの死亡ピンチの検索結果が混じったから?

数少ない手がかりをもとに、考察していきましょう。

連載の空白期間が長いから?

まず考えられるのは、連載の空白期間が長かったからという理由です。

有名人がしばらくメディアに登場しないと、ネットで死亡説が流れるのはもはやパターン化しています。

実際に遠藤達哉先生の作品を見ると、長い空白期間があります。

遠藤達哉先生の空白期間の例
  • 「TISTA」終了から「月華美刃」開始まで約2年
  • 「煉獄のアーシェ」から「石に薄紅、鉄に星」まで約3年

遠藤達哉作品を待ち望む読者からすれば長すぎる空白期間のため、不安に駆られたファンが作者死亡説を検索したのではないでしょうか。

一発屋のお笑い芸人もテレビから消えると、ネットで死亡説が流れるものですが、彼らの場合は地方巡業やイベントの登場でデマを払拭できます。

遠藤達哉先生はそのような機会もなかったため、決定的に打ち消せないうちに作者死亡説が検索候補に出るほどになったのかもしれません。

過去に作者死亡説と検索された名残が、現在の漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」大ヒットによって掘り起こされている感じがします。

キャラの死亡ピンチと検索が混じった?

次に考えられるのは、キャラクターの死亡ピンチと検索結果が混じった可能性です。

漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」では登場キャラが死亡ピンチに陥る場面があるため、該当シーンを調べたいユーザーの検索は多いと考えられます。

作中ではロイドがあわや死亡という大ピンチに瀕しており、下記の記事でも解説しています。

ロイドのピンチに関する検索ワードが、スパイファミリー作者と混じった結果、作者死亡に変わったのかもしれません。

あくまで推測ですが、いずれにせよ作者死亡説に根拠はなく、打ち切りの噂は事実無根ということになります。

スポンサーリンク

スパイファミリー打ち切りはTISTAの影響?

作者死亡説とは別に、打ち切りの噂の根拠になっているのが、遠藤達哉先生の初連載作品「TISTA」です。

漫画「TISTA」は8ヶ月という短期連載で終了したため、読者からは打ち切りだったのではという声が上がっています。

遠藤達哉先生本人もTwitterで、拙すぎて恥ずかしいとコメントしていました。

打ち切りの噂が根強い漫画「TISTA」ですが、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」結末の根拠とするには無理がありそうです。

例え初連載「TISTA」が打ち切りだったとしても、遠藤達哉先生は10年以上かけて更に技術を磨いています。

ハイレベルな技術の光る漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」が、打ち切りとなる可能性は低いといっていいでしょう。

遠藤達哉先生の過去作品については下記の記事でも解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

絶賛発売中のスパイファミリーを読むならAmebaマンガで100冊40%OFF

Amebaマンガは無料会員登録するだけで、初回特典に100冊40%OFFクーポンが付いてくるビックキャンペーンを開催しています。

もらったクーポンは配信中のマンガ全部に使えるため、是非この機会で読みたかった作品を網羅しましょう!

新巻ばかりを集めて利用してもいいし、長編マンガにまとめて使っても安いです。

しかも1冊単価が10%程度安いから、クーポンと併用すれば書店や他の電子書籍サイトで購入するより遥かにお買い得!

全巻一気にまとめ買い購入したい人には、最適のサービスです!

いつでも解約できるサービスですが、都度課金なので初回に安く購入した後、放置しておいても一切お金はかかりません。

毎日お得な割引キャンペーンを開催しているAmebaマンガは、クーポンの合わせ技が利用できるため、かなりの破格になります!

開催中のキャンペーン

  • LINE友だち登録で毎週10%OFFクーポン
  • コイン増量キャンペーン
  • 無料マンガ4,000冊以上
  • 対象マンガ50〜70%OFF

とくに月額プランの初月はコインの最大50%分を即時獲得できるだけでなく、漫画を購入しなかった場合は翌月にコインが全額返還されるから実質タダ!

この機会にぜひ業界最安値のAmebaマンガを利用して、好きなマンガをたくさん楽しみましょう!

全巻読むならAmebaマンガ

100冊40%OFFクーポン配布中
スポンサーリンク

スパイファミリー打ち切り説まとめ

本記事では漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」打ち切りの噂を調査してきました。

結論としては、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」が打ち切りになる可能性は極めて低いです!

少年ジャンプではアンケート結果から人気度を判断しているようですが、アニメ化を果たすほどの本作は打ち切りになる理由がありません。

また漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」打ち切りの根拠として流れた、作者死亡説について考察。

遠藤達哉先生は生きていますが、死亡説が流れた理由としては下記が考えられます。

作者死亡説が流れた理由
  • 作品の空白期間が長かったから?
  • キャラクター死亡ピンチの検索結果が混じったから?

作者死亡説がどちらの理由で流れたにしろ、遠藤達哉先生が生きている以上は打ち切りの根拠として成立しません。

さらに遠藤達哉先生の初連載「TISTA」に打ち切りの噂があったことも、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」終了予想に影響したようです。

こちらも打ち切りの根拠としては薄いため、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」はストーリーを完結させて終了するものと思います。

漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」完結予想については下記の記事でも考察していますので、ぜひ楽しんで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
上へ戻る
目次
閉じる