Amebaマンガで100冊40%OFFクーポン配布中! 今すぐもらう

スパイファミリーのヨル死亡ピンチは何巻?豪華客船編を解説

spyfamily-yor-death

「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」の豪華客船編で、あわや死亡かという大ピンチが描かれたヨル。

作中で最強の人物と目されるヨルに限って、死亡などありえないと思いつつ、殺し屋稼業で生きる以上は絶対死なないとも言い切れません。

先の展開が楽しみでありながらも、気になって待ちきれない方も多いでしょう。

結論から言うとヨルは生きてるのですが、ボロボロになるほど戦い抜いた結果です。

ヨルは何巻何話で死亡ピンチに陥り、どのように回避していくのでしょうか?

本記事では、原作漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」でヨルの死亡ピンチが描かれたのは何巻であるかを紹介し、豪華客船編についてネタバレ解説していきます。

まだ原作漫画を読んでいない人は、以下よりお得に内容をご確認下さい。

コミック.jpなら1,200円分無料

今すぐ無料で読む
目次

スパイファミリーのヨル死亡ピンチは何巻何話?

ヨルの死亡ピンチが描かれたのは、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」8巻53話です。

力なく壁にもたれかかり、首元に刀を突きつけられているヨルが描かれています。

敵対する殺し屋から首筋に一撃を入れられ、回転しながら壁に激突したヨルは、かつてないほどボロボロ。

走行中の自動車も蹴り飛ばすほど高い戦闘力を持つヨルが、なぜこれほどまで痛めつけられたのでしょうか。

結果としてヨルは生きて立ち上がるのですが、再度戦闘に向かうまでには大きな決意が必要でした。

ぜひあなた自身の目で、死亡ピンチを突破するヨルの勇姿をご覧ください!

コミック.jpなら1,200円分無料

今すぐ無料で読む

スパイファミリーのヨルが死亡ピンチ!豪華客船編をネタバレ解説

豪華客船編で、ヨルは殺し屋としての任務中、死亡ピンチに陥ります。

秘密組織ガーデンから任務の指示を受けたヨルは、表向きは接待の業務として豪華客船に乗り込みました。

ヨルの任務を、店長は万が一の保険と言っていましたが、実際はバチバチのバトルが待ち受けていました!

かつてないヨルの大ピンチについて、ネタバレ解説していきます。

オルカ亡命の護衛任務

今回ヨルが受けた任務は、いつもの殺しではなく護衛です。

マフィアの内部抗争で生き残ったオルカ母子を、安全な第三国へ船で亡命させる任務です。

オルカは抗争の黒幕に命を狙われており、亡命する船への引き渡しまで、ヨルが護衛として選ばれました。

多数の敵がうごめく船で、ヨルはオルカ一行を守るべく奮闘します。

早い者勝ちの殺し屋とバトル

ヨルがオルカの護衛をしている一方、殺し屋を見つけた部長は、拘束して尋問しました。

尋問された殺し屋は、豪華客船には多くの刺客が乗り込んでおり、それぞれ早い者勝ちでオルカを狙っていると自白します。

亡命直前に敵が動き出すと考えていたヨルでしたが、殺し屋たちは予想より早く、オルカ殺害のため襲いかかってきました!

他の一般客も大勢いるなかで、人混みに紛れて殺害しようとする敵の登場は、スリル満載です!

一般人に悟られないように、ヨルは殺し屋たちと静かなバトルを繰り広げます。

殺気に気づいて、即座に殺し屋の位置を見抜くヨルの表情は、普段の天然ボケなヒロインとは思えない気迫!

手を伸ばしてきた敵をダンスに巻き込み、スマートな身のこなしとゴリラな握力で戦闘不能にする流れは、さすがヨルと拍手したくなります。

けして騒ぎにすることなく、ヨルたちは殺し屋ひしめくラウンジを突破しました。

鎖鎌使いのバーナビーと大道芸バトル

一般客に気取られないよう攻撃してくる殺し屋たちのなかで、ひと目を気にせず突っ込んでくる敵が登場します。

鎖鎌使いのバーナビーと自称する殺し屋は、通路のド真ん中でヨル一行に攻撃を仕掛けました。

直前まで殺気を感じさせない手練ぶりに、さすがのヨルも冷や汗を流しており、激闘の気配です!

人前で堂々と戦い注目を集めてしまいますが、通りかかったアーニャのアシストによって、一般客はヨルたちのバトルを大道芸と勘違い。

バーナビーが目撃者もろとも始末しようとした瞬間、娘の危険を察知したヨルは、野生動物のごときスピードで敵を追い詰めました。

ヨルの超人的な身のこなしは凄まじく、アクション映画のような描写に呼吸も忘れてしまいます!

敵の鎖鎌を逆に利用して、バーナビーを拘束したヨルは、大道芸人らしく一礼してその場を去りました。

ヨル無双!殺し屋に囲まれてピンチ

亡命用の船に乗り移るため、移動を開始したヨル一行でしたが、甲板で殺し屋に囲まれてしまいます!

ヨルにすら気配を読ませない殺し屋たちは、全員が強者の風格です。

オルカたちを守りながらの戦闘は難しく、ヨルは武器を構えたものの動けずピンチに陥ります。

硬直したヨルを助けに現れたのは、部長・マシューでした。

部長の援護射撃により、ヨルは殺し屋たちに向かって反撃を開始します!

豪華客船イベントの花火に紛れて、次々に敵を討ち取っていくヨル。

殺し屋がカッコよく名乗った次の瞬間あっさり倒していて、あまりのヨル無双ぶりはギャグのようです。

とはいえ花火がクライマックスへ向かうにつれ、ヨルの攻撃は激しさを増していき、相手も笑うどころでなくドン引きしています。

打ち上がる花火の下で、返り血を浴びながら敵を絶命させていくヨルは、震えるような恐ろしさです。

敵の武器を利用したり、素手で相手の秘孔を突いたりと、変幻自在に戦うヨルのかっこよさは鳥肌ものです!

部長倒れる!ヨル死亡ピンチの深手

敵リーダーを追い詰めたとき、部長の背後に音もなく刀を持った殺し屋が迫ります。

部長は壁に吹っ飛ばされ、倒れて戦闘不能に!

刀を持った殺し屋の桁違いな強さは、連戦により疲労したヨルを畳み掛けます。

敵リーダーの問いかけに答えるうち、迷いが生じた隙きをつかれ、ヨルは深手を負いました。

ヨル史上最大の死亡ピンチに、多くの読者が固唾を呑んで見守ったことでしょう。

意識がもうろうとしたヨルに、殺し屋は刀を突きつけます。

ヨルは痛む頭で、弟を養う必要もない今、なぜ殺し屋を続けているのか自問自答します。

フォージャー家への想いに気づいたヨルは、決意を目に宿して立ち上がりました!

スポンサーリンク

スパイファミリーのヨルは死亡する?

ここまで解説してきたとおり、豪華客船編で大ピンチが描かれたヨルですが、結論として死亡しません。

ボロボロになっても立ち上がる、ヨルのカッコよさに痺れてしまいます!

弟とフォージャー家への愛がある限り、ヨルはいばら姫として戦い続けるでしょう。

銃で撃たれても死なない

死亡ピンチを突破したヨルですが、そもそも非常に屈強な肉体をもっています。

番外編では、銃で撃たれても死なない強靭さを見せつけており、逆に一体どんな外傷なら死ぬのかわかりません。

ヨルの異常な強さや戦闘能力については、下記の記事でも解説していますので、気になる方はぜひご覧ください!

スパイファミリーの豪華客船編はコミック.jpで無料!くり返し読める

ただいまコミック.jpでは、30日間の無料登録キャンペーンを開催しており、配信中のマンガ全部に使える1,200円分のポイントを付与しています。

もらったポイントを使えば、発売されたばかりの週刊誌やマンガが2〜3冊無料で読める大チャンス!

気になるマンガの最新展開を無料で読みたい人にピッタリです!

さらにコミック.jpは、以下のように豊富なお得情報が満載のサービスを展開しています。

コミック.jpのお得情報

  • 10冊買ったら1冊無料
  • 購入金額の10%ポイント還元
  • 無料マンガは会員登録不要で読める
  • 姉妹サイトmusic.jpでポイント相互利用OK

無料期間中に解約すれば一切お金のかからないコミック.jpは、退会後でもマンガを読み返えせる嬉しいサービスです。

ぜひコミック.jpを利用して、気兼ねなくマンガを楽しみましょう!

30日間無料で1,200pt配布中

コミック.jpでマンガ2〜3冊無料

解約後もマンガを読み返せます

スポンサーリンク

スパイファミリーのヨルは死亡しない!生きて戦うことをやめないと決意

漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」で、ヨルの死亡ピンチが描かれたのは何巻何話であるかを紹介し、豪華客船編をネタバレ解説してきました。

ヨルの死亡ピンチは、漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」8巻53話で描かれています。

珍しく護衛任務についたヨルは、第三国へ亡命するオルカ母子を守るため、豪華客船のなかで殺し屋たちと戦闘を繰り広げます!

イベントの打ち上げ花火に紛れて、敵を次々に葬るさまは、まさしくヨル無双。

殺し屋から足を洗うべきかという迷いにより、ヨルが強烈な一撃を食らってしまったシーンでは、多くの読者が息を呑んだことでしょう。

もうろうとしたヨルでしたが、弟とフォージャー家への愛に奮起し、生きて戦うことをやめないと決意しました。

結果的にヨルは生きてるのですが、アクション映画のようなバトル展開は、いつ死んでもおかしくないほどスリリングでした!

詳しい展開は、ぜひ漫画「スパイファミリー(SPY×FAMILY)」を読んで直接ご覧ください!

コミック.jpなら1,200円分無料

今すぐ無料で読む

他の人はこちらの記事も読んでいます

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
上へ戻る
目次
閉じる