Amebaマンガで100冊40%OFFクーポン配布中! 今すぐもらう

蜂楽廻(ばちらめぐる)がかわいい!怪物との過去や覚醒に魅力を解説

漫画「ブルーロック」蜂楽廻(ばちらめぐる)は、自由奔放なドリブラーとしてチームのテンションを上げる存在です。

誰よりもサッカーを楽しむ無邪気なキャラクターかと思いきや、”かいぶつ”との切ない過去が明かされ、ギャップに悶え苦しんだファンは多いのではないでしょうか?

人懐っこく天真爛漫な性格でありながら、孤独感を抱える人物像は、思わず幸せを祈ってしまう魅力があります。

そこで本記事では、漫画「ブルーロック」蜂楽廻について徹底解説!

怪物との過去や覚醒に、かわいい魅力まで迫っていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

原作漫画をまだ見ていない方は、ぜひ下記からお得に読んでみてください!

全巻読むならAmebaマンガ

100冊40%OFFクーポン配布中
目次

蜂楽廻(ばちらめぐる)のかわいいプロフィールを紹介

名前蜂楽 廻
声優(cv)海渡 翼
誕生日8月8日
血液型AB型
年齢17歳
出身地千葉県
学校波風高校(千葉県)
身長176cm
足のサイズ27.5cm
自分が思う自分の長所楽天的で何でも楽しめる
好きなサッカー選手凄いヤツら全員
好きな動物イルカ
嫌いな科目社会
ブルーロック(BL)ランキング290位→270位→16位→7位

蜂楽廻は嫌いな科目に社会を挙げていますが、そもそも勉強が苦手です。

漫画「ブルーロック」11巻93話で語学学習を課された蜂楽廻は、曜日を英語で言えずローマ字読みしていました。

海外選手と会話できるレベルの語学力をもつ糸師凛は呆れ果て、中学校を卒業していないのかと吐き捨てるほど。

最初は真面目に勉強していた蜂楽廻でしたが、飽きてしまったのか紙飛行機で遊んでいます。

海外選手とトレーニングする最新話の展開では、同時通訳イヤホンがなければ詰んでいました。

ありがとう、御影コーポレーション!

性格は無邪気で子供っぽい

蜂楽廻の性格は、無邪気で子供っぽいです。

自分のしたいように行動しており、かわいい笑顔と愛嬌で許されている印象です。

スター選手であるラヴィーニョにも敬語を使わず、疲れたら場所を問わず眠るスタイルはまるで幼児。

高校生ながら指をしゃぶって眠る姿は、なぜか可愛くて母性がくすぐられます。

無邪気で子供っぽい蜂楽廻は、ストーリーを明るく盛り上げてくれるムードメーカーです。

そんな蜂楽廻は意外にもほの暗い過去を抱えており、孤独を”かいぶつ”で癒やしてきた経緯があります。

次の項目では、蜂楽廻と怪物の過去を見ていきましょう。

蜂楽廻(ばちらめぐる)と怪物の過去

蜂楽廻の過去は、漫画「ブルーロック」9巻70話と71話で明かされています。

自身の心に芽生えた”かいぶつ”と生きてきた蜂楽廻が、どのような過去をもつのか解説していきます。

かいぶつはイマジナリーフレンド

怪物とは、蜂楽廻が生み出したイマジナリーフレンドです。

イマジナリーフレンドとは空想上の友人であり、多くは子供の頃にみられる現象です。

幼少期からサッカーの技術が飛び抜けていた蜂楽廻は、友人たちとレベルが合わず孤独でした。

それでも友達とサッカーがしたい蜂楽廻の気持ちを、母親は”かいぶつ”と表現し、その声を信じるよう教えます。

芸術家である蜂楽ママの言葉は、蜂楽廻に大きな影響を及ぼしました。

以降は蜂楽廻のなかで怪物が出現し、姿や意思が認識できるようになっています。

蜂楽廻にとって怪物は、理想像や直感の具現化である一方、孤独を埋めてくれる友人でもありました。

かいぶつがひとりぼっちの孤独を救う

成長してもひとりぼっちだった蜂楽廻を救ってくれたのは、いつでもそばにいる”かいぶつ”でした。

蜂楽廻の描く理想像についていける仲間はおらず、理解してくれる人もいなかったからです。

理想のスーパープレーができないチームメイトや、蜂楽廻によるドリブルやパスの意味を理解しない監督は、寂しい気持ちを深めるばかりでした。

自分は変なのかと、自問自答する蜂楽廻の姿が切ないです……。

誰にも理解してもらえず、ひとりぼっちでサッカーする孤独感に怪物は、いつも寄り添ってくれました。

かいぶつを信じて友達を探す

孤独感のなかでも、蜂楽廻は”かいぶつ”を信じ続けます。

自分にしか感じられないサッカーの楽しさを信じて、一緒にプレーできる本当の友達を探し続けました。

のちに蜂楽廻はブルーロックで潔と出会い、信じ続けた友達の登場に歓喜しています。

潔と蜂楽廻の関係については下記の記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

本当の友達を見つけるまでの間、怪物で孤独を埋めていた蜂楽廻。

しかし長年の希望が叶ったとき、皮肉にも怪物の存在が足かせとなってしまいます。

次の項目では漫画「ブルーロック」蜂楽廻が、怪物と決別する流れを見ていきましょう。

スポンサーリンク

蜂楽廻(ばちらめぐる)が覚醒するまでを解説

蜂楽廻の覚醒は、漫画「ブルーロック」10巻84話で描かれています。

1人で戦う強さを求めて怪物と決別した蜂楽廻が、死にものぐるいで覚醒をとげた展開を解説していきましょう。

誰かを探すサッカーからの脱却

蜂楽廻が怪物と決別した理由は、誰かを探すサッカーからの脱却です。

ひとりぼっちの孤独へ戻ってしまう恐怖感からサッカーしている自分に気づき、己のエゴを取り戻そうとします。

漫画「ブルーロック」10巻79話で蜂楽廻は、ようやく見つけた”かいぶつ”である潔や凛とサッカーできることに歓喜。

しかし激しい勝負を繰り広げている2人の視界に蜂楽廻は存在せず、自身のエゴでは追いつけないと焦ります。

蜂楽廻は先へ進むため、幼少期からずっと一緒だった怪物と決別すべく、もがき始めました。

覚醒で呪縛を解く

怪物と過ごすなかでサッカーする理由をすり替えてしまった蜂楽廻は、自身のエゴに従い覚醒します。

友達と怪物を同一視し、成長できない現状から進化しようとした結果です。

今となっては、怪物は理想像や直感の具現化ではなく、蜂楽廻のイメージを狭める呪縛になっていました。

怪物に求める役割を、孤独感の解消に振り切ってしまった結果といえます。

サッカーより楽しいことは存在しないという原点に立ち返り、蜂楽廻は怪物なしで戦います。

敵チームに向かって荒々しいドリブルで突っ込んでいく蜂楽廻は、仲間にもパスを出さず無双。

凛の予測すら裏切って独走した果てに覚醒し、自由感覚(フリースタイル)を思い出した蜂楽廻は1人で戦えるようになります。

孤独感を埋めるためではなく、楽しいから没頭するという情熱を取り戻しました!

蜂楽廻が本当のエゴイストとして、目覚めた瞬間といえます。

蜂楽廻(ばちらめぐる)のかわいい魅力を解説

漫画「ブルーロック」蜂楽廻は、体育会系の男子高校生でありながら、独自のかわいい魅力にあふれています。

読者の母性本能を直撃してやまない蜂楽廻の魅力について解説していきます!

自由なポジティブさがかわいい

蜂楽廻は、自由なポジティブさがかわいいです。

朗らかな振る舞いは、チームが沈んでも明るく盛り上げてくれます。

漫画「ブルーロック」4巻28話では、勝ち目がないと思われた絶望的な試合でも、笑顔で周囲を鼓舞しました。

ポジティブシンキングに裏打ちされた自由な蜂楽廻は、殺伐としたブルーロックにおいて癒やしといえます。

チームの暗い空気に流されない自由でポジティブな行動がかわいいです!

人懐っこく甘えん坊でかわいい

蜂楽廻は人懐っこく甘えん坊なところがかわいいです。

何気ないスキンシップが多く、自然に仲間と距離を詰めています。

チームメイトにあーんして食べさせたり、拘束するためとはいえ抱きついたりとパーソナルスペースが狭い蜂楽廻。

ニコニコしながらやるから怒りづらい……!

男子高校生とは思えない甘えん坊なあざとさが、蜂楽廻のかわいい魅力です。

ショタ時代がかわいい

蜂楽廻は、ショタ時代がかわいいです。

漫画「ブルーロック」9巻70話で蜂楽廻の子ども時代が描かれており、当時から可愛さが爆発していました。

くるんとした大きな目や、ぱっつんオカッパはこの頃からです!
かわいいの極み!

自分の頭より大きいサッカーボールを抱えているシーンは、無邪気な子供らしさがよく表れています。

食事や睡眠をとるときもボールを大事そうに抱えており、サッカーが大好きだと伝わってきます。

サッカー愛あふれるショタ時代が、可愛いです!

ワクワク楽しそうなサッカーがかわいい

蜂楽廻は、ワクワク楽しそうにサッカーするところがかわいいです。

ブルーロックにおいて、わかりやすくサッカーを楽しんでいる数少ないキャラクターです。

サッカーを殺し合いに例えるキャラクターがいたり、言葉汚くののしり合ったりと物騒なブルーロック。

そのなかで、ボールと1つになることが俺の全てと発言している蜂楽廻は、心からサッカーを愛していると伝わってきます。

蜂楽廻がドリブルやパスで相手を翻弄するとき、目は生き生きと輝いており、非常に楽しそうです。

作中で超速シザースや空中エラシコを披露したのも、ワクワクに身を任せてイメージが湧いた結果でした。

不敵な笑みを浮かべてドリブルしながら突っ込んでいく蜂楽廻はかっこいいのですが、それとは別に元気な孫を見ているような心地になってしまうときもあります。

元気にサッカーを楽しんでいる蜂楽廻は可愛いので、このまま変わらず育ってほしいです。

スポンサーリンク

蜂楽廻(ばちらめぐる)のかわいい名言セリフを紹介

続いて、蜂楽廻のかわいい名言セリフを紹介していきます!

無邪気さやエゴイストぶりが垣間見えるセリフばかりなので、ぜひ蜂楽廻の魅力を楽しんでいってください。

潰すなら一番強い奴っしょ

だよね

潰すなら――

一番強い奴っしょ

引用先:ブルーロック1巻2話©️金城宗幸、ノ村優介/講談社

入寮テストのオニごっこをするなかで、潔の前に突如表れた蜂楽廻のセリフです。

蜂楽廻は問答無用で潔からボールを奪い取り、戦況を引っかき回します。

登場時はかわいい笑顔でトンデモ行動を起こすので、サイコパスキャラなのかと思いました…

しかし漫画「ブルーロック」9巻71話では、切実な願いを賭けたセリフだったと明かされています。

蜂楽廻の強気なセリフの裏に寂しい気持ちが隠れていたことがわかると、深みが増すセリフです。

ワクワクする舞台(とこ)!!

俺の中の”かいぶつ”が言ってる…

「絶体絶命ってやつはビビる局面(とこ)じゃない!

ワクワクする舞台(とこ)」!!

引用先:ブルーロック4巻28話©️金城宗幸、ノ村優介/講談社

負けたら敗退という絶体絶命の1次選考で、チームの士気を上げた蜂楽廻のセリフです。

敵の強さに戦意喪失する潔たちを横目に、テンションがぶち上がっている蜂楽廻は、”かいぶつ”と一体化しているような覇気をまとっています。

蜂楽廻は周囲の意気消沈ぶりなどお構いなくプレーし、楽しそうな笑顔で敵を突破していきました!

チームZを1次選考クリアまで押し上げた名言セリフといえます。

それが俺を解き放つ初期衝動(はじまりのエゴ)だ!!!

奪り戻せ!

”ひとりぼっちのサッカー”を!!

それが俺を解き放つ初期衝動(はじまりのエゴ)だ!!!

引用先:ブルーロック10巻84話©️金城宗幸、ノ村優介/講談社

探し続けた”ともだち”と戦う2次選考で、1人でサッカーする強さを求めたセリフです。

普段の可愛い笑顔が消え去り、歯を食いしばってゴールへ走り続けるシーンは読んでいて手に汗握る展開でした!

2次選考の終盤で、蜂楽廻が己の殻を突き破った瞬間といえます。

最後の勝因(ラストピース)は俺っしょ

かいぶつ参上!

最後の勝因(ラストピース)は俺っしょ

引用先:ブルーロック16巻140話©️金城宗幸、ノ村優介/講談社

対U-20日本代表戦で気合を入れ直す潔に並走し、不敵な笑みと共にかけたセリフです。

覚醒して1人で戦う強さを身に着けたからこそ、笑顔に自信がみなぎっており、活躍の予感にシビレます!

かいぶつという言葉が本人を指しているあたりに、かつて誰かに求めた理想そのものになるという決意がうかがえます。

次逢う時は進化してんのが礼儀

選んだ先がバラバラになっても

次逢う時は進化してんのが礼儀

引用先:ブルーロック18巻154話©️金城宗幸、ノ村優介/講談社

第二段階でスペインチームを選び、潔に声をかけたときのセリフです。

覚醒前の孤独を恐れる蜂楽廻であれば、ここまではっきりと別離を言い切ることはなかったと思います。

2次選考やU-20日本代表との試合を経て、子供っぽかった蜂楽廻がどんどん成長しているのが伝わってきます!

ブルーロック蜂楽廻のかわいい魅力を見るならAmebaマンガで100冊40%OFF

Amebaマンガは無料会員登録するだけで、初回特典に100冊40%OFFクーポンが付いてくるビックキャンペーンを開催しています。

もらったクーポンは配信中のマンガ全部に使えるため、是非この機会で読みたかった作品を網羅しましょう!

新巻ばかりを集めて利用してもいいし、長編マンガにまとめて使っても安いです。

しかも1冊単価が10%程度安いから、クーポンと併用すれば書店や他の電子書籍サイトで購入するより遥かにお買い得!

全巻一気にまとめ買い購入したい人には、最適のサービスです!

いつでも解約できるサービスですが、都度課金なので初回に安く購入した後、放置しておいても一切お金はかかりません。

毎日お得な割引キャンペーンを開催しているAmebaマンガは、クーポンの合わせ技が利用できるため、かなりの破格になります!

開催中のキャンペーン

  • LINE友だち登録で毎週10%OFFクーポン
  • コイン増量キャンペーン
  • 無料マンガ4,000冊以上
  • 対象マンガ50〜70%OFF

とくに月額プランの初月はコインの最大50%分を即時獲得できるだけでなく、漫画を購入しなかった場合は翌月にコインが全額返還されるから実質タダ!

この機会にぜひ業界最安値のAmebaマンガを利用して、好きなマンガをたくさん楽しみましょう!

全巻読むならAmebaマンガ

100冊40%OFFクーポン配布中
スポンサーリンク

蜂楽廻(ばちらめぐる)はかわいい!怪物と覚醒まとめ

本記事では、漫画「ブルーロック」蜂楽廻のかわいい魅力について解説してきました。

蜂楽廻の性格は無邪気で子供っぽい面が目立ち、かわいい笑顔が印象的なムードメーカーです。

しかしイマジナリーフレンドである”かいぶつ”と過ごしてきた過去があり、孤独なサッカーを恐れています。

自身のプレーを理解してくれる友達を求めてブルーロックに来ましたが、このままでは置いていかれると気づきます。

漫画「ブルーロック」10巻84話で蜂楽廻は覚醒し、1人で戦える強さを身に着けました。

また本記事では、蜂楽廻のかわいい魅力を下記の4つに絞って紹介。

蜂楽廻のかわいい魅力
  • 自由なポジティブさがかわいい
  • 人懐っこく甘えん坊でかわいい
  • ショタ時代がかわいい
  • ワクワク楽しそうなサッカーがかわいい

漫画19巻では、誰よりも無邪気にサッカーする蜂楽廻が、徐々に子供っぽさを捨てる激エモ展開が描かれています。

ぜひ原作漫画を読んで、蜂楽廻のかわいい魅力を確かめてみてください!

全巻読むならAmebaマンガ

100冊40%OFFクーポン配布中

他の人はこちらの記事も読んでいます

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
上へ戻る
目次
閉じる